山東Ruierシール株式会社へようこそ!
電子メール
info@rersy.com
アメリカ
+86 13153125081

シールの起源

業界の発展と製品の更新、製品の安全性検査の要件に加えて、プラスチックシールは業界でも必要不可欠な役割を果たしています。これは、偽造防止と不正防止の伝統的な手段です。 それは通常プラスチックと金属製です。 したがって、金属リードを広く使用しているため、リードシールはプラスチックシールとも呼ばれ、計量機器の開放や損傷を防止するために使用されています。
シールの概念はもともと古代文字のワックスシールから始まります。 手紙のプライバシーを守るために、封筒の封印に落ちて、ワックスが乾く前にユニークな印鑑を付けました。 手紙を開くと、ワックスが壊れて元に戻ることができないので、手紙が開かれているかどうかを判断することができます。 時間の発展に伴い、ワックスシーリングは現在のシールを含む多くのフォーマットを開発しています。 シールは柔らかい素材を使用し、ロゴを印刷することができるため、人々はこの捺印を貨物輸送で開発と取引の交換とともに使用し始めます。
TOP